ハッとした言葉.”You can’t ‘take’ a breath, your breath is given to you.” Shiva Rea

“You can’t ‘take’ a breath, your breath is given to you.” Shiva Rea

英語では、息を吸うことを、” Take a brath” と表現します。
そして、Take は、『取る、自分のところに取り込む』という意味です。
このTakeの言意から、『呼吸は、取ることではなくて、あなたに与えられていること』と、記したのは、Shiva Reaというヨガの先生。

この一文で、ハッとしました。
「意識をしないでしている呼吸を与えらえているもの」と捉えてみると嬉しく有難い気分になります。
もちろん、息を吸い込む時には、息を自分に取り込むので、英語で『take a breath』という表現には納得できます。敢えて、Shiva Rea は、何気なく使っている言葉の表現を使って、当たり前に目が覚める瞬間を届けてくれました。

『取っていく、自分に取り込まなければ損』という考えをしがちかもしれませんが、既にあるもの、手にあるものを与えられているものとしてみれたら、何よりも自分自身がハッピーで、楽で、そして平穏が自然と創られる文化が起こりそうと思った言葉でした。

『真実の愛』と『インクルーシブリーダーシップ』(多様性・女性活用へのリーダーシップ)

『真実の愛』は、多くの映画、また子供向けの童話では、永遠のテーマです。もちろん、ディズニー映画も然りです。

クラシックなストーリー展開は、お姫様に不幸な境遇が起こり、困っていると、ヒーロー・王子様が登場し、お姫様を救い、無事にハッピーエンドというものです。しかしながら、最近の大ヒットのディズニー映画(アンジェリナ・ジョリー主演のマレフィセント、アナと雪の女王)の展開は、異なる点があります。

1)男性ヒーロー、王子様と思われた人物が、実は信頼できない自己利益を追求する人。
2)お姫様が、自分で認識していなかった力、能力、アイデアに気づき、周囲のサポートを得ながら状況を解決していく。

大ヒット映画に、これらのメッセージがあることは、興味深いです。なぜならば、『ダイバーシティ・インクルージョンリーダーシップ』のエッセンスが、ここにはあります。

『ダイバーシティ・インクルージョンリーダーシップ』は、多様性の価値を活かして、革新を創りだすリーダーシップです。このリーダーシップのポイントは、3つ。

共感性 : Empathy
自己認識 : Self Awareness
気づき : Mindfulness

『女性活用』が今、注目されていますが、このダイバーシティインクルージョンの考えのリーダーシップが、具体的施策を可能にします。このリーダーシップは、多様性価値を活かし革新を創りだします。リーダーとして、男性、女性双方ともにこの思考があると、組織が今迄と違った活き活きさが表れ、活性化するでしょう。

『女性活用をはじめたいが、どうしたらよいのか解らない』
『ロールモデルがいない』
と思っている企業が多いことが現実です。

「ダイバーシティ・インクルージョンリーダーシップ」を追求することで、次のことが可能になります。
女性がどのように頑張りたいのかャリアパスの作成 
女性社員の強みを社内でどのように活かしていくか具体案
多様性を活かして、革新を創るリーダーシップは、女性活用だけではなく、有益なリーダーシップです。

何よりも、3つの要素の一つ『自己認識』は、本から得るスキルではなく、自己の『在り方 being』を観察、俯瞰することです。これは、容易いことではないことが多々あります。リーダーであれば在る程、有益な資質です。

『真実の愛は』、プリンセスが眠って待っているものではなく、男性も女性も、周囲との対話から自己の中での気づきから起きてくるのかもしれませんね。

ご質問がある方は、どうぞお気軽にご連絡をなさって下さい。

masako@you-atyourbest.com

マインドフルネスは、散歩からもアートからも創り出せる

瞑想だけが『マインドフルネスではない』アフリカ音楽でも『マインドフルネス』

サッカーチームで有名な『マンチェスター』市に『マンチェスター・アートギャラリー』がある。ここで面白いワークショップをやっているようで、足を運んだ。

ワークショップのタイトルは『マンドフル・マークス:ストレス軽減とお絵描き』。『マークス』の意味は、『印、記号』また『汚れ、しみ』という意だ。『自由に手を動かし”記号”、しみ””ともとれるものを描いて、マインドフルネスの状態を創る』とタイトルから理解できる。

実際に参加してみると、会場に近づくとアフリカ系音楽が聞こえて来る。約2メートル四方に大胆な色使いの絵が10点程、壁にかかっている。既に、参加者が数人いる。椅子に座っている人もいるが、寝そべったり、あぐらをかいたり気ままに自分の身を心地よく置き、画板の上に画用紙を膝におき、手にはクレヨンを持ち、没頭して描いている。余談であるが、私にとって画板は、小学校以来始めて手に取ることになった。

インストラクターの女性が笑顔で近づいてきて『あなたも参加してみる?』と、声をかけてくれた。『初めて来たのですが、どうしたらいいのですか?』と質問すると、
『音楽を聴きながら、絵を見て、そして好きなクレヨンを持って、画用紙に自由に描くだけよ。何を書いても、何色を使ってよいの。』との回答。そして、
『ほら、みて、みんな、特に何かを描いているわけではないの、この空間に居て音楽を聴いて、思いのままに画用紙に描くだけ。点点だけをずっと、描いている人もいるわよ。何かの作品を創る必要はないの。発表するわけでもないの。』
なるほど、既に参加している人たちの画用紙を眺めてみると、確かに、抽象画の様な幾何学模様、点点を書き続けていたり、線だったり、もちろん、動物や人を描いている人もいる。共通なのは、とにかく、皆さん没頭して、描いている。
インストラクターの人が続けて説明してくれる。『これがマインドフル・マークスというワークショップなのです。ここに掛かっている絵は、カメルーンのアーチストボリス・ネボの作品。音楽もカメルーンの音楽で、私と彼で選曲したの。この絵をみて、そして目を閉じて音楽を聴いて、何かを考えるのではなく、手が動くままに、画用紙に描いていくだけよ。ただ、座っていても全然構わないわ。とっても、平穏な気持ちになるわよ。やってみる?』
『はい、やってみます』思わず答えて、参加した。

はっきり申し上げて、私は、絵心は全くない。絵を観ることは大好きだが、幼少期に『お絵描き教室』に通ったが、一緒に通っていた1歳下の妹はアートの天才で小さい時から才能の差が歴然。自己嫌悪のかたまり。小学校時代の図工の時間は苦痛の時間だった。その私が、絵を描くなんて。。。と、自分の行動に半分驚きながら、取り組む。インストラクターが好きなクレヨンは何色かと尋ねたので『赤と緑と紫』と目にとまった色を答えて、そのクレヨンを渡された。初めは、周りの人が何を描いているのか気になったが、インストラクターが目を閉じて、深呼吸をして、描き始めたくなったら始めればいいわよ。ずっと目を閉じて座っていても大丈夫。』

なるほど、強制感が全くなく、義務感もなければ、何かを習得しなければという焦燥感もない。何もない。目を閉じながら、あるのは、『音楽』『絵』『私が手にしたクレヨンと画用紙』。そして、この空間にいる私自身であることに気づく。目を開け、クレヨンを持った手を動かし始めた。

約30分経過し、画用紙いっぱいに描ききり、自分の心が軽さとある種の喜びを感じ、これがこのワークショップから体験した『マインドフルネス』の状態だと認識。

『マインドフルネス、瞑想』というと、座禅を組まなければいけない、邪念だらけで難しい。。。と思いがちだが、このように、音楽を聴きながら、絵を描くという方法もあることを実体感。しかもこの音楽は、スピリチュアル系の音楽ではなく、どちらかというとファンキーなアフリカンミュージック。

『マインドフルネス・コーチング』の著者リズ・ホールは、本書の中で、散歩をしながらでも『マインドフルネス』の状態を創れると記している。