コーチング

『もっと もっと』をお休みする贅沢

年末年始は、例年になくゆっくりとした時間を過ごし、感じたこと。

『何かをしないと時間が勿体無い、損しないように、有効活用しなければ』と、思っていたことがつい最近まであったように思います。

羊が近くにいるのんびりとしたイギリスのとある村にある我が家で過ごした年末年始。

今年は、子供も仕事で夫々の国で、二人で静かな日々。

ゆっくりと栄養たっぷりヘルシー朝ご飯兼ランチ。

本を読み、お散歩。

『もっと、もっと』という思いが、いつもありました。今もあることはあります。

『もっと、もっと』で、望みが叶ったり、達成し、喜びがあります。

心からの目標だったら『もっと、もっと』が自分のワクワクが膨らみ、大きな動機付けになります。

一方、周りの期待や風潮、知らないうちにも刷り込まれた社会的通念からの『もっと もっと』は、本当に望むことでなければ、疲れる原因だけかもしれません。

『何かをしないと時間が勿体無い、損しないように、有効活用しなければ』と思うことから、『しなければいけないこと』が増えたり、『ぎゅうぎゅうの予定』は、この2番目の『もっともっと』に起源でありそうです。『予定』が本当に必要か、求めていることか、自分自身に問い直してみても良さそうです。

そして、『もっと もっと』をお休みする時間から生まれる何かを大切にしたく思った年明けでした。

ハッとした言葉.”You can’t ‘take’ a breath, your breath is given to you.” Shiva Rea

“You can’t ‘take’ a breath, your breath is given to you.” Shiva Rea

英語では、息を吸うことを、” Take a brath” と表現します。
そして、Take は、『取る、自分のところに取り込む』という意味です。
このTakeの言意から、『呼吸は、取ることではなくて、あなたに与えられていること』と、記したのは、Shiva Reaというヨガの先生。

この一文で、ハッとしました。
「意識をしないでしている呼吸を与えらえているもの」と捉えてみると嬉しく有難い気分になります。
もちろん、息を吸い込む時には、息を自分に取り込むので、英語で『take a breath』という表現には納得できます。敢えて、Shiva Rea は、何気なく使っている言葉の表現を使って、当たり前に目が覚める瞬間を届けてくれました。

『取っていく、自分に取り込まなければ損』という考えをしがちかもしれませんが、既にあるもの、手にあるものを与えられているものとしてみれたら、何よりも自分自身がハッピーで、楽で、そして平穏が自然と創られる文化が起こりそうと思った言葉でした。

『真実の愛』と『インクルーシブリーダーシップ』(多様性・女性活用へのリーダーシップ)

『真実の愛』は、多くの映画、また子供向けの童話では、永遠のテーマです。もちろん、ディズニー映画も然りです。

クラシックなストーリー展開は、お姫様に不幸な境遇が起こり、困っていると、ヒーロー・王子様が登場し、お姫様を救い、無事にハッピーエンドというものです。しかしながら、最近の大ヒットのディズニー映画(アンジェリナ・ジョリー主演のマレフィセント、アナと雪の女王)の展開は、異なる点があります。

1)男性ヒーロー、王子様と思われた人物が、実は信頼できない自己利益を追求する人。
2)お姫様が、自分で認識していなかった力、能力、アイデアに気づき、周囲のサポートを得ながら状況を解決していく。

大ヒット映画に、これらのメッセージがあることは、興味深いです。なぜならば、『ダイバーシティ・インクルージョンリーダーシップ』のエッセンスが、ここにはあります。

『ダイバーシティ・インクルージョンリーダーシップ』は、多様性の価値を活かして、革新を創りだすリーダーシップです。このリーダーシップのポイントは、3つ。

共感性 : Empathy
自己認識 : Self Awareness
気づき : Mindfulness

『女性活用』が今、注目されていますが、このダイバーシティインクルージョンの考えのリーダーシップが、具体的施策を可能にします。このリーダーシップは、多様性価値を活かし革新を創りだします。リーダーとして、男性、女性双方ともにこの思考があると、組織が今迄と違った活き活きさが表れ、活性化するでしょう。

『女性活用をはじめたいが、どうしたらよいのか解らない』
『ロールモデルがいない』
と思っている企業が多いことが現実です。

「ダイバーシティ・インクルージョンリーダーシップ」を追求することで、次のことが可能になります。
女性がどのように頑張りたいのかャリアパスの作成 
女性社員の強みを社内でどのように活かしていくか具体案
多様性を活かして、革新を創るリーダーシップは、女性活用だけではなく、有益なリーダーシップです。

何よりも、3つの要素の一つ『自己認識』は、本から得るスキルではなく、自己の『在り方 being』を観察、俯瞰することです。これは、容易いことではないことが多々あります。リーダーであれば在る程、有益な資質です。

『真実の愛は』、プリンセスが眠って待っているものではなく、男性も女性も、周囲との対話から自己の中での気づきから起きてくるのかもしれませんね。

ご質問がある方は、どうぞお気軽にご連絡をなさって下さい。

masako@you-atyourbest.com