『思考を転換する環境作りは、意外と簡単!?』

IMG_0358先日、「ロンドンコーチング・グループ(LCG)」という勉強会に参加しました。これは、月に1度開催されロンドン周辺のコーチの勉強会です。

今月のテーマは、『自由に解放できる聴き方』”Listen to liberate” 。

勉強会は、一つの問いから始まりました。

『考えることは、重要ですか?』

うなづきながら、この問いへの答えを模索している参加者。

『自分自身の選択は、思考に基づいています。』と、ファシリテーターのリンダ・アスピーの言葉で、更に、うなづく参加者。

『それでは、どのように思考する環境を創っているでしょうか? どのような状況を創れるでしょうか?』

『解放、自由を生み出す聴き方』が鍵です。

この聴き方がまさに、思考を多方面に深め、転換をも創り出しました。

聴き手は、相手に専心の注意を向けるだけなのですが、これによって、話し手は、自分の考えや思いつき、余談とも思えるようなことまでも、自由に話します。そして、この聴き手が創り出す空間こそが、『思考転換を創り出す聴き方』です。
話し手は、話すことにつまる瞬間もありますが、それでも、聴き手は言葉を発せずに空間のみを提供します。
話し手は、自然と話していることが構造的に連鎖して思考が組み立てられていく体験をします。

『思考の環境創り』には、注意量、配慮、承認、同等、多様性、そして鋭利な質問力が必要な要素であることを、学びましたが、質問をしなくても、空間作りが、まさに『無意識に持っている自分の思いや限界を抜けた閃き』が内から湧き上がるのです。
組織内で、このようなコミュニケーションができたら、風通しの良い組織、活性化するコミュニケーションから革新も生まれる可能性が非常に高いです。
多様性(ダイバーシティ)、女性登用が政策にもなっていますが、まずはこのようなコミュニケーションが社風となっている組織では、多様性の人材が活躍しやすいでしょうね。

何よりも、コミュニケーションから創り出された深淵な空気からの信頼は、言葉からのみでは創り出せない豊かさがありました。実体感ともに、言葉を発しないパワーをも改めて確信した2時間でした。

Many Thanks to Linda Aspey and LCG!

パールとヨガ

 

久しぶりにブリジットのヨガのクラスに行きました。ヨガには、週に2-3回行きますが、ブリジットのクラスは久々。クラスは、ダイナミックな動きで、頭から上半身、両腕、両足を伸ばし、縮め、筋肉が使われていくのと同時に、身体の内側でも何かが動くのを感じます。

 

身体の中で、更に何かが目覚めるような感覚です。この感覚は、その日の自分の身体の調子や心の状態で異なります。ヨガの90分は、身体を動かすことを通して、自己認識となり、ヨガの先生は、「ヨガは、動くメディテーション(瞑想)」と仰ります。

 

今日のクラスの先生、ブリジットは、多分、60歳位で、綺麗についた筋肉と、首のパールのネックレスが品の良い揺れが、先生の身体の動きとともに、美しく調和していました。

 

無駄がなく、無理がなく、美しい先生の在り方に、改めて、今日のヨガが私に気づきをくれました。

 

在日米日商工会議所主催のウイメンズビジネスサミットに参加して、早稲大大学オープンカレッジで講座開講

2週間前になりますが、在日米日商工会議所と米日カウンシル主催のWomen in Business サミットに参加しました。

キャロライン・ケネディ駐日大使、ゴールドマンサックス証券株式会社マネージングディレクターのキャシー・松井氏、安倍首相を囲んで4名の第一線で活躍する女性たちとの意見交換。その後、分科会。私は、“インクルージョンとダイバーシティをレバッレジに ビジネスとキャリアの成長を。Leveraging Inclusion and Diversity for Business and Career Growth” に参加。マッキンゼーの日本社長ジョルジュ・デヴォー氏、シスコシステムズのダイバーシティご担当の方、バンクオブニューヨークの人事部長がパネラーでディスカッションをさせて頂きました。着席ランチネットワーキングセッションでは、女性に特化した人材派遣会社のハーモニーレジデンス社の福井真紀子さんのスピーチ。そして、午後の全体セッションは、昭和女子大学学長 坂東眞理子氏、G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長 橘・フクシマ・咲江氏、内閣府特命担当大臣(男女共同参画) 兼女性活力・子育て支援担当大臣 森まさこ氏による官、民、学の合同セッション。午後の分科会に、私は“取締役のダイバーシティ Board Diversity: Experiences and Perspectives” 元世界銀行長官、現全日空ホールディングス、サントリーホルディングス社外取締役の小林いずみさん、を初め、女性社外取締役の方々とのパネルディスカッション。最後は、ドリンクと立食ディナーでの参加者同士の交流会と、朝8時半から夜8時迄の活気満載の1日でした。

その時の様子は、こちらで。

https://www.youtube.com/watch?v=DK128QtIRGE&feature=youtu.be

 

『見て解る多様性(性別、国籍、人種等)だけではなく、個々人の考え、価値観、能力は異なっていて当たり前かもしれません。これらを、共存させて、新しい可能性を創りだせることが、 インクルージョン・ダイバーシティにあります。

今迄、異質なものは、排除というスタイルが、日本の組織にはあったかもしれません。このインクルージョン・ダイバーシティの考えが日本で広まることが、今の状況を突破する大きな可能性があるかと考えています。

このインクルージョン・ダイバーシティの『インクルーシブリーダーシップ』という講座を作りました。

早稲田大学のオープンカレッジで、7月10日より開講させて頂きます。

私が、所属する『NPO法人JKSK女性の活力を社会の活力に』で講座を構成しています。

詳細は、こちらです。

https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/4071/

 

ご興味のある方、是非、お越し下さいませ。ご質問等ございましたら、どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

Masako@you-atyourbest.com